シックハウス症候群 住環境測定協会 パッシブ測定 京都府京都市リフォーム専門店(有)ファーストステージ

住環境測定協会 京都支部 (有)ファーストステージ
トップページ
シックハウスについて
シックハウスとは
シックハウスの原因物質
建材選びについて
換気について
国の対策
相談機関
住環境測定
住環境測定士
住環境の測定
測定価格
住環境の改善商品
白竹炭
スーパープロテクト
お問い合わせ
会社概要
リフォーム専門店 京都府京都市の(有)ファーストステージ 住環境測定協会 イメージ禁煙法 http://plaza.rakuten.co.jp/kinen リフォーム会社情報 京都しあわせ館




シックハウス症候群 科学物質の少ない建材選びについて
シックハウス対策のひとつとして、化学物質を減らす事が大切ですので、
「化学物質の少ない建材を使うこと」が重要となります。
■ ホルムアルデヒドを発散する建材は、発散量により等級区分されます。

ホルムアルデヒドの発散量によって、F☆☆☆☆、F☆☆☆などのマークによって等級が表示されています(☆の数が多いほど発散量が少なく、より多くの面積に使うことができる)。建材を選ぶときは、
このマークを見て発散量の少ないものを使用
しましょう。

■ ホルムアルデヒド発散建築材料の区分と制限
名称
ホルムアルデヒドの
発散速度(※1)

JIS・JASなどの
表示記号

内装の仕上げの
制限(※2)
規制対象外
5μg/m2h以下
F☆☆☆☆
制限無し
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料
5μg/m2h超
20μg/m2h以下
F☆☆☆
使用面積を制限(F☆☆☆の方がより多く使う事が出来る)
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料
20μg/m2h超
120μg/m2h以下
F☆☆
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料
120μg/m2h超
旧E2、FC2無等級
使用禁止
※1・・・測定条件:温度28℃ 相対湿度50% ホルムアルデヒド濃度100μg/m3
※2・・・建築物の部品に使用して5年が経過したものについては制限なし
■ ホルムアルデヒドを発散する建材は、使用を制限されます。
建築基準法令では、17種類の建材について、内装仕上げへの使用を制限しています。
  主な告示対象建材として、
・合板 ・木質系フローリング ・集成材 ・MDF ・パーティクルボード ・壁紙
・接着剤 ・断熱材 ・塗料  ・・・他      全17種類
  F☆☆☆☆建材や上記の17種類以外の建材であれば、内装仕上げの使用制限を受けないため、
使用面積の制限なく使用することが出来る。
  制限の受けない建材として、
ムクの木材、ガラス。タイル、石材、石膏ボード、セラミックス類、オイルステイン等の塗料、 エマルション形接着剤   、、、など
   
Copyright © 住環境測定協会 京都支部 (有)ファーストステージ. All Rights Reserved.
SEO対策 大阪インターネットショッピングモール住宅リフォーム家づくり 工務店 設計事務所